夏に向かって、乾杯!

Posted on

Iago Bitarishvili, Keiko Kato & Giorgi Kipiani à Chardakhi

ローマ帝国時代、12月25日(冬至)にはナタリス・インウィクティと呼ばれる祭典があった。この祭典は、ソル・インウィクトゥス(不敗の太陽神)の誕生を祭るものである。このソル・インウィクトゥスとミトラスの関係をミトラス教徒がどう考えていたかは、当時の碑文から明白である。碑文には「ソル・インウィクトゥス・ミトラス」と記されており、ミトラス教徒にとってはミトラスがソル・インウィクトゥスであった。ミトラス教徒は太陽神ミトラスが冬至に「再び生まれる」という信仰をもち、冬至を祝った(短くなり続けていた昼の時間が冬至を境に長くなっていくことから)。Wikipediaより

注)今年の実際の冬至は12月21日でした。WAW!(この乾杯は12月19日のものです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です