Mémorandum 2018 – エデンの園のエヴァ&エヴァ

Posted on

Giulia FiorentiniI – DI GIULIA – à Cupramontana

禁断の果実はしばしばリンゴとされる。これはラテン語で「善悪の知識の木」の悪の部分にあたる「malus」が「邪悪な」を意味する形容詞で、またリンゴも「malus」になるため、取り違えてしまったか、二重の意味が故意に含まれていると読み取ってしまったものとされる(Wikipedia)とのことで、リンゴと決まっているわけではなさそう。むしろ東欧(スラブ語圏)ではブドウとされるらしい。そしてここジュリアの園にはその両方があった。2018年の素敵な出逢いに乾杯!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です