Le Montrachet

Posted on

これだけやれば、ちいとは「モンラッシェ」のウンチクも言えるさ。(写真=リシャール フォンテーヌ)

 写真展を終え、癌から生還、さて次に何をしようか。あとはモンラッシェを追い続けた三年を形に残すこと、Le Montrachetの刊行だった。でも実際に出版されたのは2002年5月。更に二年の月日を要したことになる。そして現実は、共著のソムリエが報酬を主張するもろくな仕事をせず、本は完璧には程遠かった。おまけに、私たちは一銭の印税も手にしていない。まぁ、いいさ。色々と良い思いはさせてもらったから。おまけで、誰にも負けずにウンチクを言えるくらいにはなれた。

 2002年10月、ニューヨークのレストラン モンラッシェで、モンラッシェの試飲会が催された。私たちは「Le Montrachet」の著者として招待される。神様からのご褒美か。なにしろ一人当たり1500ドル(当時18~19万円)と、会費がべらぼうに高い食事付きの慈善試飲会、おまけに超満席だ。

 会が始まると、ワインが出される度に会場に鐘が鳴り響き、誰かが前にしゃしゃり出てウンチクを述べる。これが全ての銘柄で繰り返され、ゆっくり味わう雰囲気など微塵もない。結局、食事が終るまでに35銘柄が出され、その全てがモンラッシェだった。

 以前、ドミニック ラフォンが言っていた。「モンラッシェが全ての人のためのワインでないことは明白だ。また単に金持ちだからといって容易に飲むものでもない。本来、モンラッシェを飲むこと自体が本当に特別なこと。だから、モンラッシェのボトルを手に入れる機会に恵まれ、何時の日かそれを開けられる人たちは、それが本当に名誉ある特別なことだと、しっかり分かっていてもらいたい」と。

 彼の思いもこの人たちには馬の耳に念仏か。ああ勿体ない。無駄、無駄。9.11があり、貿易センタービルが消えた。そして一年後、35X2(或は3?)本のモンラッシェが消えた。そして今、会場だったレストラン モンラッシェももうない。結局、残ったのは?あの日に出されたモンラッシェのリストだけ?

 フォンテンヌ・ガニャール    2000

 ブラン・ガニャール       2000

 シャトー ドゥ ピュリニ・モンラッシェ 2000

 ミッシェル クトゥ       2000

 ヴァンサン ジラルダン     2000

 アンリ ボワイヨ        2000

 ルイ ラトゥール        1999

 マルク コラン エ フィス   1998

 オリヴィエール ルフレーヴ   1997

 ラモネ                              1997/1995

 ジョゼフ ドゥルーアン M ラギッシュ 1997/1992

 ルイ ジャドー           1997/1982

 ブシャール ペール エ フィス 1997/1961/1947/1939

 テナール              1997

 フルーロ・ダローズ       1997

 ラミ・ピヨ             1997

 シャルトゥロン エ トゥレビュシュ 1997

 アミオ ギ エ フィス     1997

 ジャック プリウール      1997

 モレイ・ブラン         1997

 エティエンヌ ソゼ       1997

 ルフレーヴ                    1997/1995

 コントゥ ラフォン                         1997/1993/1992/1989

 DRC                   1997/1995

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です